日々のコト、イロイロ

daivy.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 23日

立山黒部アルペンルート

d0114304_045291.jpg
22日から31日まで富山市民デーで市民だと3割引で乗れるので、お昼頃、お天気もいいので、突如思い立って立山黒部アルペンルートへ行ってきた。

こちら↑の画像は、室堂へ行く高原バスの中から撮った、あの剣岳(一番奥の山)。

今回行ったルートは立山~室堂まで。
立山から美女平までケーブルカーで約7分。その後、高原バスで室堂まで約50分。
ムスメがいるから、かなり心配だったけど、午後1時過ぎだった事もあって、どちらも空いてたので助かった。
ただ、待ち時間があるので、立山から室堂までは1時間半位はかかったかなあ。

d0114304_1650366.jpgd0114304_16505665.jpg














d0114304_1711337.jpg美女平から室堂までの道中、立山杉、称名滝、ソーメン滝と色々と見所があって、運転手さんが説明しながらポイントでは一時停車してくれるので、ゆっくり見る事が出来た。
とにかくお天気が最高に良かったので、窓から見える景色がすばらしいのなんのって!
普通なら自分の足で登らないと見れないような雄大な山々の景色がバスに乗ったまま見れるんだから、ホントすごい。

→は、滝見台という称名滝(しょうみょうだき)が見える高台から滝を見た一枚。
うまく撮れてないので、臨場感は全く伝わらないと思いますが、かなりの迫力でした・・笑。


d0114304_17142122.jpg
他にも、立山3山をバックに、地獄谷から流れ落ちるその名も、そうめんのように見えるためついた、そうめん滝。

右の白っぽい所が滝です・・・。

d0114304_17162599.jpg
こちらは、たぶんですが、立山連峰。
いつも、家のベランダから遠くに見てたあの立山連峰が、これだけ間近で見れたので、「ああ。近くで見るとこんなにきれいで迫力があるんだな~」と素直に感動。

ようやくついた室堂では、すでに下山する人で駅がごったがえし始めていたので、私たちも余り遅くならないうちに下りないと、帰りが大変なことになるなーという事で、滞在時間は短め。

d0114304_12491048.jpgしかも、あまり着る物を考えずに来てしまったので、ムスメには上着を持ってきたけど、私たちは半袖半ズボン&裸足・・・と下山してきた登山客が多かったせいもあるけど、場違いな服装でウロウロ・・・。
さすがに、2450mもあると、かなり寒い。。
それでも、空気が澄んでて物凄く気持ちよかったし、抜けるような青空とすぐ目の前にある立山連峰が迫ってくる位の迫力を満喫出来たので大満足。

やっぱり、お天気が良かったのが最大のポイント。
こういう時、天気によって出かけられるのは近くに住んでる恩恵だわね~。
ムスメも気持ちが良かったのか、ズンズン歩いて楽しんでたし、私もさながら、なんちゃってハイジの気分だったわ~。

残念ながら、行きたかったみくりが池は、時間と寒さの関係で断念したけど、駅に戻ったら、それで正解だった・・・。
バスに乗る人達のそれはそれは、長蛇の列が出来始めていて、もう少し遅かったら、大変なことになってたかも・・・。
それでも、30分近く待って、ようやく乗れた帰りの高原バスは補助席も使う程満席。。
どうなる事かと思ったけど、周りは登山客がほとんどだったので、皆寝てたし、隣も女性だったので、少しグズった時は、授乳したら、あとはおとなしく乗ってくれて、その後のケーブルカーでも30分以上待たされたけど、イイ子で頑張ってくれたので、ホント助かっちゃった。

おかげで、富山のいい記念になったよ。ありがとね!

それでも、往復4時間超、途中の移動時間で3時間近くかかったので、道中、ムスメがもつかどうか心配で気が張ってたのか、帰り道はドッと疲れちゃった・・・。
やっぱり、バスとかケーブルカーとか、他の人と一緒でしかも自力で下山出来ないシチュエーションは精神的に疲れる。
「北海道に帰省したより疲れたよ」と言ったら、オットも「オレも・・。」だって。
同じ心境だったらしい。

でも、思い切って行ってホント良かった!!

何事も挑戦してみるもんだわね。
[PR]

by daivy | 2009-08-23 23:44 | おでかけ


<< 水遊び      1歳4ヶ月! >>